AQUOS PHONE Xx 206SHの電池持ちがどう見ても凄い

2013年5月7日発表で、6月下旬に発売予定のソフトバンク2013年夏モデルスマートフォン:アクオスフォンXx 206SH。

クアッドコアCPUや2GBのRAM等、処理能力関連のスペックは今更驚くようなものでは無いですが、電池持ちだけはかなり凄そうです。

AQUOS PHONE Xx 206SH(アクオスフォン ダブルエックス)の主要スペック

※一部未公開です。 

・ディスプレイ:5インチ S-CGSilicon液晶
・解像度:フルHD(1920×1080ドット)
・OS:Android™ 4.2搭載
・CPU:APQ8064 1.7GHz(クアッドコア)
・RAM:2GB
・ROM(内蔵ストレージ):32GB
・対応SDカード:microSDXC 64GB
・バッテリー容量:3080mAh
・LTE:対応(下り76Mbps 上り10Mbps)
・Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
・防水:〇(IPX5/IPX7)
・赤外線:〇
・テレビ機能:フルセグ対応
・アウトカメラ:約 1310万画素/CMOS
・インカメラ:約 207万画素/CMOS
・寸法:-
・重量:-
・カラー:白・黒・青 
※APQ8064?APQ8064Tの間違い?別にそこまで凄い性能差でもないですが・・・
で、本題の電池持ちについて。まずAQUOS PHONE Xx 206SHはバッテリー容量が3080mAh。ドコモから出ている2013年春モデルの5インチスマートフォンでは2300mAh前後が主流で、オプティマスG pro L-04Eだけ頭一つ抜けて3000mAhのバッテリーを搭載しています。

そのOpotimus G Pro L-04Eの電池持ちに関する評判はと言うと、

電池持ちの口コミ

ご覧のとおり、バッテリーの評価が4.78点で歴代スマホ2位という凄さ。1位はDIGNO S KYL21ですが、こちらはスペックはあまり高くないバッテリー特化スマホなのでまあ勝てないのは仕方ない部分。

さらに、AQUOS PHONE Xx 206SHはディスプレイにS-CGSilicon液晶を搭載しています。S-CGSilicon液晶は液晶パネルそのものの透過率を向上させることで、バックライトの消費電力を低減⇒スマホの電池持ち改善が可能です。

一方、Optimus G Pro L-04EはIPS液晶 を搭載しており、視野角等の見た目に優れていますが消費電力面ではやや不利な方式ですので、AQUOS PHONE Xx 206SHはOptimus G Pro L-04Eよりも電池持ちが優れた機種となることが予想されます。

ソフトバンク公式に宣伝「二日間超えても利用できる」 がどの程度実現するか楽しみな機種ですね。
関連)Androidスマホ&iPhoneの電池長持ちを「極める」6項目(スマートフォン バッテリー改善策)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote